お店の状態を把握するなら覆面調査が最適|調査を方法とは

ウーマン

集客拡大で売上げ拡大

PC操作

接客マナーを調査しよう

法人の中には、店舗スタッフの接客マナー調査を検討しているかもしれません。気持ち良い接客サービスは店舗集客や売上拡大につながるため、サービス業を展開する法人の最も気になるところではないでしょうか。覆面調査は一般的に店舗内のサービスを1時間ほど調査するベーシックプラン、店舗内のサービスをより詳しく調査するフルリサーチプランなどがありますが、いずれも店舗内の雰囲気や商品メニューなどのサービス品質の調査が中心になっており、接客マナーは対象外であることがほとんどです。そんなときに利用されているのが接客マナーの覆面調査です。覆面調査の接客マナー調査では、店舗スタッフの一人ひとりを接客力を調査できます。飲食店であれば、入店してからのテーブルまでの案内や挨拶、メニュー注文での対応やスムーズさなどなど、複数のチェックポイントを一つ一つチェックし、スタッフ全員の接客マナー改善や向上に役立てられます。調査会社によって接客マナーサービスの内容が違ってきますが、おおよそ1人から2人、調査時間は2時間ほど、調査項目数は10項目前後になります。実際にメニューを注文したり、サービスを利用するため、ベーシックプランやフルパッケージタイプの覆面調査よりもコストが嵩みますが、店舗スタッフの接客態度やマナー、スムーズさ、スキル、臨機応変さをチェックして、さらなる接客マナー向上へフィードバックできます。集客の決め手は接客マナー、売上拡大や常連客の確保を目指すなら覆面調査を利用しましょう。