お店の状態を把握するなら覆面調査が最適|調査を方法とは

ウーマン

客目線で店の実態を調査

バインダー

課題を知り改善につなげる

マーケティングリサーチにはさまざまな手法がありますが、主に店舗ビジネスを対象として行われるのが、覆面調査です。覆面調査とは、専門の調査員が一般の客として来店し、実際にその店で買い物をしたり、サービスを利用したりしながら実際調査を行うことをいいます。世界的なグルメガイドブックがこの手法によって制作されていることはよく知られていますが、近年では規模や業態を問わずさまざまな小売店やサービス業において活用されています。覆面調査による調査項目は、商品の価格や質、陳列方法といった基本的なことがらから、スタッフの言葉遣いや身だしなみ、内装、照明、清掃の行き届き具合に至るまで多岐にわたります。依頼者と調査会社の間での打ち合わせにより、カスタマイズも可能です。評価方法はポイント加点方式や5段階評価方式など、いくつかのパターンがあります。調査はサンプル数が多いほど精度が上がるため、同じ店に複数の調査員が派遣されるのが一般的です。調査結果は集計され、合計点や平均点などの形でスコア化されます。覆面調査は、店舗経営者が自分の店の実態を知るための手法としてよく使われます。内部調査のみではうかがうことのできない、「消費者目線」による店の評価が行えるという利点があります。また、サンプル数を自由に設定できるため、自由回答による一般客へのアンケート調査よりも信頼度の高い結果が得られます。結果を分析することで、課題を見つけ、改善のための行動に生かすことができます。